親子(DNA)鑑定の方法と値段、精度について

親子鑑定のお値段

親子鑑定は親子の生物学的血縁関係の有無を調べる手法で、
個人差のある遺伝学的検査によって行われます。

他にも産科学的検査や人類学的検査がありますが、
親子検査と言うと、精度の高さから主に遺伝学的検査を指します。

遺伝学的検査は、いままで血液型による方法がほとんどでしたが、
近年はより精度が高く、サンプルの採取しやすいDNA検査が主流となっています。

そして近年のDNA鑑定はネットで申し込みすることもでき、
DNAサンプル採取キットが届くので、それを使ってサンプルを集めて送り返すことで、
0%か99%のどちらかの結果が伝えられます。

親子鑑定をするためには、原則として両親および子の同意が必要とされますが、
厳密な意味では守られておらず、私的鑑定では父親か母親のどちらか片方と
子の同意があれば可能となっています。

このDNA鑑定を行うにあたっての値段は、
「私的鑑定」が2万~2万5千円程度です。
ただし子供の認知や親子関係の不存在など法的な目的で、
公的機関へ提出するためには「裁判用鑑定」となって
さらに精密な検査が必要となり、倍以上の6万~8万円ほどの値段となります。

DNA鑑定は高額なので、カードローンなどを利用して鑑定してもらうのもありです。
カードローンといえば、気になるのがやはり審査です。
http://xn--68jub2mmethkbydc8000h4hza.com/に記載されているようなところは、
勤務先に連絡なしにできるそうですので、気軽に借りることが可能です。

某俳優のDNA鑑定で父子ではなかったと騒がれたニュースも聞くに新しいものですが、
通常は母子関係による鑑定は出生で明らかなため行われることはなく、
特殊な事情以外は父子関係でのみ鑑定されます。