親子(DNA)鑑定の方法と値段、精度について

血のつながりよりも大切なこと

自分の子供に血縁関係があるか否かのDNA鑑定は、
親子鑑定とも言われていますが、親子鑑定の認知度は年々上昇していき、
鑑定依頼も増加傾向にあります。

従来は、母親が鑑定依頼をする場合が多かったようですが、
父親からの鑑定依頼が急速に増加しているようです。

これには、配偶者の不貞行為を疑っており、
自分の子供に血縁関係があることを確信できないような父親が
増えていることが背景にあります。

親子関係など調べるのに必要なDNA鑑定、鑑定は高額なため
キャッシングを利用しようと考えている人いるかもしれません。

ちなみにもし以前に別の業者で借り入れしていた場合、
返済など大変になると思いますが
みずほ銀行のおまとめローンを利用することにより返済しやすくなります。

女性の不貞行為認知件数も増加しているので、
不信感を募らせて親子関係を行うことを決心するということですが、
血縁関係よりも大切なものがあるという側面もあります。

仮に血縁関係が証明されず、実の子どもでないことが判明したとしても、
それまでのそそいでいた愛情が重要になることもあります。

血縁関係の有無だけでは語れない大切な気持ちが、
親子の間で築かれている場合に、無理やり親子鑑定を行うことで
絆を壊してしまうようなことがあると、
何より子供が動揺してしまうということがあります。

もちろん、不貞行為によって生まれた子供の育児に
かかわりたくないという意見もありますが、
生まれてきた子供には罪はありません。

それぞれの夫婦にとって、最も大切なものは何なのかをよく考えたうえで、
親子鑑定を依頼するなら、結果がどういうものであっても受け入れる覚悟を持ち、
その後の家族の行動に備える準備くらいはしておいたほうがよいでしょう。