千聖とアリスイ

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、別段変わりは無いと言ってもいいかもしれません。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな仕事内容は類似しています。

しかし、差があるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人向けのようです。

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んで惨憺たる状態になるのは、小説やドラマでしばしば目にします。

夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、相手を刺したり、殺してしまう脚本もしばしば書かれます。

情事の現場へ乗り込むのもやり方の1つでしょう。

別れる決心がついている場合は、やってみる手もあるでしょう。

探偵に依頼するなどし、浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。

相手が浮気をしているのではないかと思った場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。

でも、浮気の証拠を自分だけで集めようと思っても、相手に見つかるという可能性は低くないでしょう。

その原因ははっきりしており、あなたの顔が相手に知られているからです。

自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。

専門家である探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

素人が調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。

しかし、相手に問い詰めても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。

浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は逆上してしまう場合があるのです。

強い心を持っている人でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が多く報告されています。

余計な厄介ごとを増やさないためにも証拠を掴む可能性を高めるためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。

尾行について時間による代金設定がされている場合、探偵の尾行時間が短い方が、お金がかからなくなります。

ということは、尾行を探偵に頼むなら、日頃からパートナーの生活のパターンを調べておくことが重要です。

その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って追跡をお願いすると、探偵にも余計な労力がかからず、お互いにとってメリットがあります。

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、相当低い料金設定であったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、料金設定が細分化されていて、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が良いかと考えます。

他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか前もって確認しておきましょう。

違法調査を実施しているところへは依頼しないように気を付けましょう。

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。

当然のことですが、調査員が少ない人数なら安く、増えれば増えるほど高くなります。

そして、尾行時に移動に車やバイクを使用するケースでは、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、要確認です。

浮気現場の日時がわかっていると、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。

そうはいっても、浮気をしているときがわかっていたとしても、友人を説得して写真を撮るようにすると、無駄足になることが多いでしょう。

気づかれずに写真撮影を行うには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。

法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者ではない人と男女の関係になることを不倫といいます。

すなわち、法律上では、男女関係に発展していなかったら一緒に出かけたりしても、浮気とはいえません。

男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です