小峰で緑川

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、サボらず毎日のケアを行ってください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。

もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。

しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。

それは違います。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
モナマミーの口コミや効果が評判!

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です